中古車オークションの流れ

中古車を購入したり売却する方法として最近ではオークションを利用する人が増えていますが、購入や売却までの流れに関して把握しておくことが大切です。

中古車オークションでは出品する車を会場に持ち込むところからスタートします。

持ち込まれた車両は出品票の必要事項を記載し、会場の検査員からチェックを受けコンディションについて出品票に記載されます。

出品票は応札する側の情報となりますので、検査員のチェックで付けられた評価点が落札価格を決めるポイントになってくると言えます。
応札を待つ車両は出品ヤードに運ばれ入札を待つことになりますが、この間に応札希望者が下見を行うことが可能です。

出品票の内容からではコンディションを把握できないことが多いため、下見は重要なポイントになってくるのです。

中古車に関する予備知識の情報が満載です。

オークションを代行業者では下見を無料で行う場合もありますが、追加料金が必要になる場合もあります。

NAVERまとめの情報をお知らせいたします。

よりコンディションの良い車両を落札するには下見を依頼しておくことが大切だと言えます。


落札が決まると車両代金の支払いと名義変更に必要な書類を受け取り売買が成立しますが、落札後はクレーム対応のために1週間以内にコンディションを確認して申し出ることになります。



購入する側としてはより良い中古車を希望するため、会場で下見を行ってから応札したほうがメリットが多いと言えます。

また代行業者には販売だけを目的として業者もありクレーム処理が難しい場合がありますので、代行業者の選び方も大切だと言えます。